住みたいマンション、買ったらあえて賃貸に出そう!

自分が住みたくなるマンション。買ったらもちろん自分で住みたいですよね。でも少し考えましょう。もしそれを賃貸に出したら家賃収入がいくらになるのか?もし高い家賃収入が期待できるなら、あえて住まずに賃貸に出しましょう!上手くいけばローン支払い負担「ゼロ」に!

マンション買ったら賃料を調べるべし!賃貸経営の第一歩!

自分が住みたいと思って購入したマンション。でも自分が住みたいと思うことは、他の人も住みたく思う場合も多いです。そんな時に購入したマンションに自分が住むのでは無く、賃貸に出したら家賃収入がいくらになるか調べてみましょう。同じマンションで賃貸に出されている物件があれば、その家賃を面積案分すればおおよその家賃収入は想定できます。もちろん不動産会社に相談して、賃貸に出したら家賃がいくらになるか聞くこともできます。

その家賃が自分が想定する金額より上なら、迷わず賃貸に出しましょう。そして自分はその賃料より安い物件に住めば、自動的にその差額が「収益」になります。私自身もその差が月1万円にもなったので、購入したマンションを賃貸に出し、自分は別の物件に住んで賃貸収入を得るようになりました。実はこんな簡単なところからでも始められる賃貸経営。まずはマンションを購入したら、それを賃貸に出した場合の家賃を調べましょう。

ちなみに初期投資はリノベーション済みの都心の中古マンションで約2000万円。その他諸費用は知人の行政書士に依頼したので安価に抑えることができ、仲介手数料を含めても約2050万円で済みました。さらに賃貸に出すための広告費用が約12万円、賃貸契約時の手数料が約12万円で、その他もろもろ含めた初期投資は約2100万円。そして賃料収入は毎月12万円で、自分の住居費が11万円。見事に差額「1万円」が実現した次第です。

少し考えるだけで働かずして得られる賃貸収入!

住みたいマンションを購入しそのまま自分が住んだら収益がないのは当然の話ですが、その物件を賃貸に出しその家賃収入以下の物件に自分が住めば働かずして収入が得られます。少しだけ考えてそして行動するだけで、毎月決まった収入が入ってくるようになります。まさにこれこそ賃貸経営のおもしろさ。しかもこれはローンでマンションを買ったときにも同じことができ、ローンの毎月の支払い以上の家賃収入があれば、支払い負担ゼロでマンション購入が可能!夢のような話です。

しかしローンで買ったマンションは、住宅ローンだと賃貸に出すことはできません。ただ多少の金利上昇はありますが、事業系のローンなら賃貸に出すこともでき、このような支払い負担ゼロという方法も可能です。

私自身ももともと自分が住みたいと思うマンションを購入し、そこで「もし賃貸出したら」と少し考えた結果、賃貸経営をすることになりました。きっかけはたった1つの発想の転換。「住む」というところを「貸す」とするだけ。結果、自分はさらに住みたいところに住むことができ、さらに家賃収入で安定した収益も得ることができるようになり、まさにWINWIN。

みなさんもマンションを買ったら、まずはそれを賃貸に出した場合の家賃相場を調べましょう。その家賃が自分が想定するもの以上なら、迷わず賃貸に!働かずして収入を得ちゃいましょう!