色々な入居者がいるアパートの賃貸経営は毎日が刺激的で楽しい

賃貸経営は個人でも始められるビジネスであり、いたるところでオーナーになろうという主旨の広告を見かけます。高額の不動産を購入することから二の足を踏む方も多いですが、個人で成功している事例が豊富にあるのも事実です。小規模では分譲マンションの区分所有もあるものの、一般的に大家と聞いてイメージするのはアパート・マンションの所有者となっています。

アパートの賃貸経営のおかげで毎日が楽しい

賃貸経営を始めた理由は、自分でお金を稼ぎたかったからです。元々、他人に指図されて動くのが嫌いだったので、自分で自由に行えるビジネスを探していました。そして、個人としてすぐに始められて、規模が大きいビジネスであるアパート・マンションの賃貸経営を見つけたのです。私が全てを決められる物件ということで1棟買いにこだわり、初期投資は約7,000万円と控えめにしました。

不動産の購入などにかけた初期投資の金額だけ知らせると、賃貸経営を知らない方はだいたい驚きます。でも、土地とアパート1棟でこの予算は、本格的な賃貸経営としてはかなり少ない方です。もしも重量鉄骨のマンションが狙いだったら、初期投資は億単位で考える必要があったでしょう。その場合は、初期投資の分を回収するまで時間がかかるので、もっと慎重に事業計画を練っていた可能性が高いです。

結論から申し上げると、アパートの賃貸経営をやって良かったです。自分の名義で物事を動かせて、しかも家賃収入によって自分の考えの正しさを証明できるので、毎日がとても楽しくなりました。日常的な業務は、それぞれ専門の業者に任せているから、入居者からの問い合わせで振り回されない日々です。

賃貸物件は相続税対策において有利で、複数の収入を得ることでの人生の選択肢の増加もメリットとして挙げられます。(参考:最強の相続税対策!?土地活用して賃貸物件のオーナーに)しかし、私にとっては、自分の責任で大きなビジネスを成功させていることが最大の報酬です。もちろん、収支として長期的に黒字になると確信した時点で、具体的に賃貸経営に踏み切りました。

初期投資の金額よりも実質的な利回りが重要

これから賃貸経営を始める予定の方は、初期投資の金額にこだわりすぎず、その物件の実質的な利回りで考えるべきです。築年数が古い賃貸物件では、大規模なリフォームが必要なケースもあるため、それらの諸費用を含めて利回りを計算しなければいけません。

私は良さそうな新築の木造アパートを見つけた時点で、利回りを入念にチェックしてから購入しました。購入後に欠陥が見つかってトラブルになるのを防止するために、中立の立場にいる不動産のプロに依頼して、購入する予定の物件を調べさせました。高額の商取引だけに、信頼できるプロにお金を支払うことで、素人ではチェックできない部分まで調査させたのです。

物件の紹介時に提示されていた利回りは8.6%ぐらいで、実際に運営してみても、ほぼ同じ数字となっています。新築というブランドのおかげで、入居者がすぐに集まって満室になり、予想通りのスタートです。とはいえ、古くなってきたら入居率は下がっていくのが当たり前で、物件の価値を高めるリフォームの時期について考えると頭が痛くなります。

賃貸経営で良かったのは、色々な人と会う機会が増えたことです。入居者、物件の管理会社、入居希望者を紹介する不動産会社、地域の自治会と、バラエティに富んだ面々に出会えました。人が住む不動産は、まさに社会の縮図であり、人生経験としても有益な時間を過ごしています。土地と賃貸物件を所有する大家として接しているので、会社で勤めていただけの時期より多くのことを学べているのが現状です。